出会いの老舗テレクラは現代でも進化して人気となっています

テレクラならその場ですぐに話しができる

現在でもなお根強いファンが存在しているテレクラならその場ですぐに話しができる昔とは違って自宅でゆっくりと利用できるのが現代版のメリット

このように1980年代のテレクラは個室で女性からの電話を取るという基本システムがメインですが、90年代に入ると徐々に形態が変化してきます。
女性と出会いができるという性質上、どうしても未成年者の問題なども関係し、テレクラを規制する条例を出す自治体なども出てきました。
さらに2002年には風営法の改正があり、テレフォンクラブ自体の利用を年齢確認を完了してからと義務付けたり、深夜から日の出の営業が禁止されるなどしたために、事実上それまでのような利用方法はできなくなりました。
ここでテレフォンクラブがなぜこの時代に大ブームとなったのかを考察しますと、やはりまだ携帯電話が普及していなかったという部分が大きいでしょう。
携帯電話が気軽に持てるようになってからは、出会い系サイトに取って代わられたように、電話を使用した男女の出会いというのはテレフォンクラブが基礎を創り上げたのです。
そしてテレフォンクラブの大きな魅力として見逃せないのが、電話を取ると直接すぐに女性と会話ができるという部分でしょう。
現在のマッチングアプリなどは、まずプロフィールなどをチェックして、写真なども確認した上でマッチングするようですが、これでは手間や時間がかかります。
しかしテレクラならその場ですぐに話しができるため、お互いの目的や好みのタイプなどを話しつつも、相手の話し方による相性なども瞬時に感じ取れるのが大事でした。
そのまま楽しく世間話をしても良いですし、デートに誘うという方法など様々な楽しみ方ができるのです。
当時は見知らぬ男女が電話を介して初めてトークができるという事が画期的でしたので、男性も女性も多くの方が利用していました。